気になるニキビ跡【専門家に診てもらおう】

それぞれの効果の比較

カウンセリング

フラクショナルのメリット

ニキビ跡を美容外科で治療するには、口コミで人気のフラクショナルレーザーやダーマローラーによる治療を受けるのが効果的です。フラクショナルレーザーは炭酸ガスレーザーなどと比べるとずっと微量の熱で患部に働きかけることができるという長所を持っています。このため、炭酸ガスレーザーを照射するとやけどをしてしまうような場合であってもフラクショナルレーザーなら安全に治療を進めることができるのです。フラクショナルレーザーの特色のひとつは、レーザーをドット状に照射することができるという点です。これによってニキビ跡が残っている皮膚に対して均一に微細な穴を開け、その部分の回復をうながすことができるのです。美容外科で使われているほかの種類のレーザーと比べると、照射する部分以外のところに負担をかける心配が激減したというメリットもあります。これはフラクショナルレーザーが照射する光の波長の水分に対する吸収率が高いという特性によるものです。こうして皮膚にかける負担が少なくなったため、それにともなってダウンタイムも短くなりました。さらにフラクショナルレーザーは、治療する部位の深さと照射するエネルギーを柔軟に調整することができます。美容外科ではこの特性を生かしてニキビ跡を効果的に治療しています。

ダーマローラーの利点

光を照射するレーザーとダーマローラーとの違いは、ダーマローラーの場合はニキビ跡に直接極細の針を刺すことができるという点にあります。これによってニキビ跡の自然な修復力を刺激し、新しい細胞が活発につくられるように導きます。このとき肌の内部では天然成長因子と呼ばれる物質が分泌されています。この天然成長因子の働きによってニキビ跡の内部でコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などが増えてくるのです。ニキビ跡に何の治療もほどこさない場合は既存の天然成長因子やコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸などに頼っていくことしかできませんが、美容外科でダーマローラーを使った治療を受ければ加齢などの要因によって低下している天然成長因子の生成を活性化させることが可能となります。このようにすぐれた治療効果を持つダーマローラーですが、以前は痛みが強いというデメリットから敬遠する患者が多かったのも事実です。しかしその後皮膚に与えるダメージを最低限にすることが可能となり、それによって痛みや腫れが大幅に軽くなりました。また改良型のダーマローラーは従来型では難しかった目や鼻のきわなどの扱いに注意を要する部位にも使いやすくなっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加